衝撃波治療(ED・慢性前立腺炎など)

衝撃波とは、音速を超えて伝わる圧力の波です。
人工的に発生させた衝撃波を皮膚表面に当てると、脂肪・筋肉などの体組織の深部の一点に収束させることができます。

衝撃波発生のしくみ

この衝撃波のレベルを低くした低エネルギー衝撃波を患部に当て、自由神経終末を変性させます。
自由神経終末には、痛覚・触覚・温度などの刺激を脳に伝達する役割がありますので、ここを変性させることで痛みを軽減させる効果があると考えられています。
また、細胞内で血管形成要素を放出させ、新しい血管の再生を促すことで組織の修復に役立つと考えられています。
この新生血管形成促進効果は、形成外科(美容治療)、狭心症、ED(男性性機能障害)などの幅広い分野で応用され、既に様々な効果が実証されています。

 

慢性前立腺炎、肩こりや腰痛など、難治性疼痛や凝りへの治療

ルネスクリニックでは、薬などであまり改善が得られない、足底筋膜炎、難治性の肩こりなどの筋肉痛、慢性骨盤痛症候群などの疼痛緩和に対して衝撃波治療を行っています。
治療効果には個人差がありますので、治療には数回の照射を要することもあります。
肩こり、腰痛、足底筋膜炎などの痛みで悩んでいる方は、遠慮なくご相談ください。

 

 

ED(男性性機能障害)に対する治療

衝撃波治療は、ED(勃起障害)の新しい治療方法として期待されています。
加齢や病気の影響によって血液の流れが悪くなった海綿体の血管に低強度の衝撃波を照射し、血管の若返りや毛細血管を増やすことで血管機能を高めていきます。

衝撃波による血管再生作用

EDの治療回数

ルネスクリニックが使用している衝撃波装置(ELvation)は、“第3世代”と呼ばれ、日本には数台しかありません。
この装置では、衝撃波の到達する深さや範囲を調整できます。そのため、より少ない治療回数で効果が期待でき、これまで12回かかった治療が3回で済みます。
また、痛みも軽度で、治療の侵襲も少なく、副作用もほとんどありません。まさに理想的なED治療法と言えます。
ただし、本治療装置は、日本では未承認医療機器となりますので、治療費は全て自費となります。

衝撃波装置の違いについて(機器の進歩)

ペニスの血管は細いため、EDは将来の動脈硬化や心筋梗塞のリスクのバラメーターとも言われています。
つまり、ED治療には血管系疾患の予防の意味も含まれているのです。
ルネスクリニックは完全予約制ですのでプライバシーは完全に守られています。安心してご来院ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

少しでもお悩みごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。