女性更年期障害

女性更年期障害専門外来では、
ホルモン補充療法等を用いた専門的な治療を行います。

女性の更年期は、卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの分泌が減少する「閉経を迎える前後の期間」を指します。
個人差はありますが、40代半ばから50代半ばがひとつの目安です。

女性の更年期障害は自律神経失調症のひとつで、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの低下によって起きます。
これらのホルモンバランスの乱れが、身体的・精神的な不調の引き金なのです。

更年期障害の症状

更年期障害はホルモンバランスが原因の病気です。
冷えやのぼせなどの自律神経失調症の症状、不安・抑うつ・不眠などの精神症状、骨粗しょう症・動脈硬化・認知機能の低下といった症状がみられます。

女性の更年期障害の症状

  • 自律神経失調症状(不定愁訴)
    血管運動神経障害:のぼせ、冷え性、心悸亢進など
    精神神経障害:頭痛、めまい、不眠、恐怖感、いらいらなど
    知覚神経障害:しびれ、知覚過敏ないし鈍麻、蟻走感など
    運動器官障害:腰痛、肩こり、関節痛など
  • 高脂血症→動脈硬化→心・血管疾患
  • 骨量減少→骨粗しょう症→骨折
  • 記憶障害→Alzheimer病
  • 皮膚の変化
  • 萎縮性膣炎、性交障害
  • 頻尿、尿失禁

女性の更年期障害の症状

また、次のような方は重い症状になりやすいと言われています。

低血圧で寝起きが悪い人
冷え性の人
生理不順、生理痛の激しい人
くよくよ思い悩む人
神経質な人
ストレス解消が苦手な人
人間関係がうまく行っていない人
人生の生きがいが見つからない人

治療方針

詳細なカウンセリングと血液・尿・唾液検査などを行います。正確なホルモンバランスを調べるだけでなく、ホルモンを作るために必要な栄養バランスまで精密に把握し、総合的に判断し、適切なホルモン補充療法を提案します。

ルネスクリニックのホルモン補充療法では、副作用が少なく安全かつ有効性の高い「ナチュラル・ホルモン」を用います。
ナチュラル・ホルモンは「天然型ホルモン」とも呼ばれ、ヒトが作るホルモンと同一の化学構造を持つホルモンのことです。

治療では、女性ホルモン(プロゲステロン、エストロゲン)、女性用の男性ホルモン(テストステロン)、DHEA、プレグネノロン、甲状腺ホルモンなどを組み合わせて使用します。また、高濃度のビタミンなどのサプリメントを併用することもあります。

検査や治療は、原則自費となります。

各種ホルモン剤の種類と適応する症状

 種類ホルモン剤名
(一般名) 
商品名 適応症・備考 
 エストロゲン剤  結合型エストロゲン  プレマリン  腟炎、卵巣機能不全、卵巣欠落症、更年期障害、機能性出血
 エストリオール(E3)  エストリオールホーリン  腟炎、子宮頚管炎、子宮腟部びらん、更年期障害、骨粗鬆症
 エストラジオール(E2)  エストラーナディビゲルル・エストロジェル  更年期障害、泌尿生殖器の萎縮症状、卵巣欠落症
 プロゲストーゲン剤  酢酸メドロキシプロゲステロン  プロベラヒスロン  無月経、月経周期異常、機能性子宮出血、黄体機能不全、切迫流産
 酢酸クロルマジノン  レトラール  無月経、月経周期異常、機能性子宮出血、黄体機能不全、月経困難症、月経量異常
 エストロゲン・
アンドロゲン
 ボセルモンデポ    更年期障害、骨粗鬆症
 プリモジアンデポ    更年期障害、骨粗鬆症、卵巣欠落症状

人間の身体の中には、数十種類のホルモンがあります。
ホルモン補充療法は、これらの不足しているホルモンを総合的に補うことで、免疫力の向上や気分の改善だけではなく、若々しく活力ある身体づくりとその維持を目指します。
更年期障害はもちろんのこと、ホルモンバランスが気になる方は、お気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

少しでもお悩みごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。