がん遺伝子・リスク検査

がん遺伝子・リスク検査では、血液検査で遺伝子情報を解析し、がんなどの病気にかかるリスクや遺伝的体質などを調べることができます(検査は全て自費となります)。
自分の「遺伝子型」から遺伝的にかかりやすい病気の傾向を知ることで、生活習慣や環境の改善を行い、病気の予防に繋げることが健康的な生活を送る上で重要になります。

 

ミルテル検査

ミルテル検査は、広島大学薬学部とミルテル社が共同で開発した最先端の遺伝子検査です。疾患予防を目的とした「テロメアテスト」と、疾患の超早期発見に主眼を置いた「ミアテスト」の2つの検査があります。

 

テロメアテスト

遺伝子の強度と疲労度から未病リスクを診断します。染色体の末端部分のテロメア配列の長さを測定し、持って生まれた「遺伝子の強さ」と日々受ける「遺伝子の疲労度」を調べます。生活習慣の改善を促し、疾患予防に役立てます。

 

ミアテスト

各臓器から出る病気特有の遺伝子「マイクロRNA」を検出し、疾患を超早期に発見できる世界でも注目の検査です。乳がん、膵臓がん、アルツハイマーなどの疾患を画像診断より早く発見できる可能性があります。
血液検査のみですので、患者様の負担が少なく、治療方法や薬剤使用といった治療の幅が広がるメリットも期待できます。

 

このような人におすすめ!

  • 病気になりたくない
  • 病気になっても初期に見つけて治療したい
  • 病気で長期間医療費を払いたくない
  • 自分の努力で改善が実感できる検査
  • 少量の採血で簡単にできるなら検査がいい
  • 健康な人生で過ごしたい

マイクロアレイ血液検査

検査の流れ

金沢大学とキュービクス社が共同開発した、消化器がんを遺伝子レベルで判定する最新の血液検査です。消化器のがんに対して9割の高い感度を示し、発生部位、進行度も分かります。一度の採血(2.5cc)で、胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がんを同時に検査できますので、X線や特殊な薬剤投与などはありません。

 

CANTECT検査

がんの予防や早期発見、再発防止のための血液検査です。体内で進行リスクのあるがん細胞の痕跡や、がん細胞に関わる遺伝子の後天的な変化を調べます。
FreeDNA濃度検査、遺伝子発現解析(がん増殖遺伝子の活性度合い)、突然変異・メチル化解析(がん抑制遺伝子の壊れ具合)を通して、画像診断では発見が難しい細胞レベルの「微細ながんの存在リスク」を評価します。

 

検査の流れ

アミノインデックス検査(AICS)

血液中のアミノ酸濃度から、現在のがんのリスクを評価する新しい血液検査です。健康な人と、がんを患った人のアミノ酸濃度バランスの違いから統計的に解析します。

 

AICSの検査対象となるがん

検査項目名称 受診対象年齢  評価対象がん がん種別評価対象年齢
 男性AICS〔5種〕  25歳~90歳  胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん  25歳~90歳
 前立腺がん  40歳~90歳
 女性AICS〔6種〕  20歳~90歳  胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、膵臓がん  25歳~90歳
 子宮がん・卵巣がん  20歳~80歳

※子宮がん・卵巣がんは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのリスク評価はできますが、個別のリスクまでは区別できません。

 

ご予約・ご相談はお気軽に

少しでもお悩みごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。