培養上清治療(美容・EDなど)

培養上清治療は、最先端のアンチエイジング治療として注目を集めています。
ルネスクリニックでは、脂肪幹細胞(間葉系幹細胞)由来の培養上清液を用いた治療を行っています。 

培養上清液とは

幹細胞は、様々な細胞に分化する能力(多分化能)を持った特殊な細胞で、再生医療に用いられ、様々な難治性の病気に対する効果が期待されています。
この幹細胞を、特殊な培養液を用いて増やしてゆく時に、幹細胞は培養液の中に非常にたくさんの成長因子、免疫調整因子、抗炎症性因子、神経再生因子などを分泌する事が分かっています。
細胞を培養した後に細胞成分を取り除き、残った液体部分だけを抽出したものが培養上清液になります。
この培養液を用いて、美容効果や様々な病気の症状の改善の可能性が示唆され、新たな治療材料として、期待されています。

 

培養上清液

培養上清液には、幹細胞から分泌した様々な成長因子や免疫調節因子(サイトカイン)など、300種類を越える成分が豊富に含まれています。
その中には、肌・皮膚を再生する因子、血管を増殖させる因子、神経を修復する因子、免疫を調整する因子、骨形成を進める因子なども含まれていることが、培養上清液の解析データから判明しています。 

 

培養上清液に期待される効果(動物実験などによる報告からの推察)
抗炎症作用:障害部位(損傷部位・炎症部位)の治癒促進、疼痛軽減効果など
血管再生・血管新生作用:動脈硬化性病変の改善・進行予防、EDの改善など
スカベンジャー(活性酸素除去)作用:疲労回復、生活習慣病予防など
免疫調節作用:アレルギー疾患、自己免疫疾患など
神経細胞修復・再生作用:脳梗塞、脊髄損傷など
骨再生作用:骨粗しょう症、歯肉炎(歯槽骨の再生)など
美容作用(シワやたるみの改善)、増毛・育毛作用:各種成長因子による
体内の幹細胞分化促進作用:自己再生能力の誘導など
組織修復作用:肝障害、間質性肺炎など
培養上清中のエクソソームによる作用:がん細胞の増殖抑制・転移抑制の可能性

 

ルネスクリニックでは、主に美容治療やED(勃起不全)などに対し、培養上清治療を行っています。
少しでも若い時の肌や体を、と考えている方は、お気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

少しでもお悩みごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。